第四回 明咲展 終了

弟子の、第四回 「明咲展」!!
本日 無事に終了いたしました。

「多くの人形を愛するお客様で賑わった一週間でした」と 報告が有りました。
お出かけ下さいました皆様には、心から御礼申し上げます。

これからも、皆様の応援を励みにして、自分らしさの人形創りに、探究の努力を続けてもらいたいです。
業界初の、女 市松人形職人" に幸あれです。

有難うございました。


a0118445_0103498.jpg

【 おまけ画像 】
先月、還暦を迎えた折に 友人が描いてくれた 私の赤いちゃんちゃんこの絵です。
・・・ おまけは要らないと 声が聞こえます。(笑)

by meiko-doll | 2013-09-26 00:16 | ひとり言

「明咲展」開催中です。

新宿 京王百貨店にて開催中です。
お時間ありましたら是非 お立ち寄りください。

a0118445_20175773.jpg

a0118445_2020189.jpg

by meiko-doll | 2013-09-20 20:20 | 作品展情報

「 置上 」(おきあげ)

「 置上 」作業で 髪も表現出来ます。

胡粉で髪の雰囲気を置上(盛り上げ) 、地塗り・中塗り後に、彫刻刀で髪の毛の感じに筋を彫り込みます。
a0118445_11264617.jpg


a0118445_9103446.jpg

by meiko-doll | 2013-09-11 09:11 | 市松人形作り

「うららちゃん」人形

うららちゃん人形 作りの 続き! 10号サイズと・12号

10号にも義眼をうえました。
a0118445_022252.jpg


瞼作りに胡粉を盛ります。
鼻筋・お口にも・・・。
「 置上 作業 」
a0118445_0253399.jpg


牡蠣殻の粉末とニカワを混ぜて練り合わせた
胡粉塗り作業「地塗り・中塗り」を 済ませました。
a0118445_030523.jpg


左の子は、目を小刀で切り出します。
「置上」の具合や、特に「目切作業」は 人形師の個性が現れる 面白い過程です。

by meiko-doll | 2013-09-10 00:36 | 市松人形作り

第二回 にんぎょう「 うらら展 」

まだまだ暑い毎日が続いています。今年の夏はこたえますね。

昨年、賑やかに終わりました、東京都 浅草橋「吉徳」での
にんぎょう「うらら展
」が今年も開かれます。
◉2013年 10月24日(木) 〜 30日(水)
AM 10:00 〜 PM 5:00
◉会場: 吉徳 本店(仮店舗) 4F

◉人形師各一門 7名・古裂販売・縮緬細工 、そして併催展では、東光・光環「 市松人形教室展」と、今年も楽しい会場になるように努めます。

今年の新たな見処は二つ!!
1.「 大人のひな祭り」と題して、皆さんで 市松人形でひな祭りを演出します。

2.第二回「うらら展」記念 市松人形「うららちゃん」?の合同製作。

東光さん提供の12号・10号の市松さんの生地を一体づつ使い、7名の人形師が、それぞれの個性たっぷりに作り上げます。総数14体・・この時だけの魅力的な企画です。尚、裸姿での展示販売となります。



という訳で、渡された東光さんの生地を使い 私も製作に入ります。
a0118445_2012473.jpg

輪郭の手直しはNG。 目鼻立ちは手直しOKが約束です。

皆さん同じ生地を使うから 同じような出来上がり??・・と思ったら大間違い!!
7名の手技から生まれるそれぞれの個性が おおいに楽しみです。
a0118445_2014388.jpg


2種類の方法で目を作る事にしました。(左10号・右12号)
a0118445_20153123.jpg


オリジナルの生地は人形師の命!
寛容な東光さんに感謝ですが、このような事は、昭和2年の 答礼人形製作の時 以来です。
あの時は 父の師匠 二代 光龍斎の生地が皆さんに提供されました。
・・と言う事で 86年ぶりの試み。是非是非 お見逃しなく!!

by meiko-doll | 2013-09-02 17:30 | 市松人形作り