友人のテレビ出演

私の個展会場にも時々飾らせて頂いている 「ノスタルジー 画」・・友人の画家 須藤陽子さんが テレビNHK BSの番組 「猫のしっぽカエルの手」で紹介されます。

お人形好きな須藤さんの作品には、懐かしさと情緒たっぷりな画風の中に、度々人形達がモチーフとして登場します。

a0118445_755766.jpg


 放送日

●2月27日(日)19:30〜 BShi
●3月 1日(火)23:45〜 BS2
●3月 2日(水)12:00〜 BShi
●3月 4日(金) 7:00〜 BShi
●3月 5日(土) 5:25〜 BS2

by meiko-doll | 2011-02-27 08:02 | 友人・仲間達

友人のグループ展

20年来の友人。
木彫り人形作家の長谷川裕子さんが グループ展に参加しています。
お近くの方は是非、覗いて下さい。

第5回 和の創作人形『雛遊~ひいな~』展
倉敷美観地区内 ギャラリー十露(本館全館にて)開催
2011年2月19日(土)~27日(日)
平日:1100-16:00 土日:10:30-17:00  最終日は15:00まで
■岡山県倉敷市本町3-9 ■TEL086-423-2577

a0118445_02952100.jpg

葵 椿   小川 典子   木 村 英 子   都 志 子   眞  規   麻 生 美 羽   
おぐら とうこ   くるはらきみ   中川乃布子   真 白   雨 沢  聖   
尾花 智子   佐藤美穂   長谷川 裕子   水樹 尚子   あゆ紗   尾山 寿美子   鈴木実奈子   廣 安 瑞 枝   茂木伊奈江   &Cinnamon   カ ウ ラ   
せ い こ   はた ゆきこ   守 安 律 子   イザラ   和 葉   田村 陽子   ヒ ラ ノ ネ ム   Y u- k i   壱  師   岸上 奈生   辻 彩香  レプンクル
         あだち佳瑞     玉 青

by meiko-doll | 2011-02-22 00:31 | 友人・仲間達

下ごしらえ

大きいのやら 小さいのやら

a0118445_2235299.jpg


a0118445_0382682.jpg

by meiko-doll | 2011-02-09 22:04 | 市松人形作り

三歳の女の子

先日UPした 「これって同じ」・・写真の頭の下ごしらえが出来ました。

目鼻立ちや口元を整え、人形らしくなり、次は置き上げ・地・中塗り作業と進めて行きます。

ホッペやおでこ 鼻筋等々、紙ヤスリなどを使って表面の凸凹をよくよく丹念にヤスリ掛けして
”つるん”と柔らかな輪郭に整えます。
手足や体も同様ですが、この下地での作業を怠ると、出来上がった時に でこぼこした肌合いになってしまいます。
削り粉だらけの埃っぽい地味な作業ですが、 なんでも下地が大切ですね。

a0118445_152933.jpg

a0118445_1114448.jpg

15号のクタちゃん。。同じ生地でも ここまで変えられます。(左が元の形です)

右の子は3歳の女の子をイメージして作りました。
少し不安げな表情ですが、少女の「純」なハートに仕上げたいです。

左は女の子のクタちゃんになりますが、ビスクdoll に使う 眼球の突起した義眼を入れました。
不思議に目力の効いた子に成りそうです。

by meiko-doll | 2011-02-08 01:17 | 市松人形作り

お仲間達との新年会

早くも2月!!
昨夜は東光さんの大阪展帰宅を待って 遅めの新年会となりました。

皆 ご同業で後継者を抱える人形師。(村岡家・東光家・菊池生地屋さん・我が家)
弟子やら息子やらゲストの生徒さんやら9人の賑やか新年会となりました。

市松人形「たくみ会」 解散から3年。
発会当時まだ若かった後継者達もたくましく育ちつつあり頼もしいです。
若さはつらつの元気な展覧会などを開きたいと計画中の様です。

さてさてオヤジ達。。。
歳をとっても行動力と祭り好きな親方連中も、、負けじと・・・
「そろそろ何か楽しいことをしようかーー」と 盛り上がりました。
a0118445_1912933.jpg



おまけの1枚 スカイツリーはどんどん成長中
只今 570メーター   残り64メートルとなりました。
a0118445_1941160.jpg

by meiko-doll | 2011-02-03 19:04 | 友人・仲間達

これって同じー!!

銀座個展に展示したいと、15号の市松さん 女の子を作っています。
少し幼さの残る、3歳ぐらいの子を作りたいと思っています。

写真の頭生地。。。
実は同じ土台で左の頭が元の形ですが、桐塑(桐粉と糊を混ぜた木の粘土)で ここまで輪郭が変わります。

a0118445_19441780.jpg


左の頭では赤ちゃん顔の 15号クタちゃんが出来上がります。

a0118445_19451192.jpg



昨年9月から人形作りの教室を開いています。
皆さん このように細工して、個性あるそれぞれの人形達が出来上がり始めています。

by meiko-doll | 2011-02-01 19:47 | 市松人形作り

伝統の・・【伝】 その3

既出の 懐かしの 父(初代 紫雲)頭 10号市松さんが先日仕上がりました。
何となく・・ほっぺたがプルんと可愛いので2体とも男の子にしました。
耳を前向きにして 少々おサル顔です。

出来上がった翌日の事・・30年来の ごひいきさんが訪れ2体とも嫁いでゆきました。
1体は習志野へ、もう1体は奈良へ・・・。

a0118445_1272919.jpg

a0118445_1285085.jpg


父は私が28歳の時に重症の脳梗塞で倒れ、10年後に亡くなりました。
彼から伝えられた手先以外の言葉の【伝】には・・・。

「人生、良い時も悪い時もあるものだ。1つの事を一生懸命続けていれば、必ず良いことがある」

「良い人形を作りたかったら、良い人になることだ」

・・・私が20歳ぐらいの頃でした。

光環 只今57歳。 もう一人! 男の弟子。 市松人形職人を育てて【伝】してみるかな。

by meiko-doll | 2011-02-01 01:40 | 伝統工芸

伝統の・・【伝】 その2

市松人形人形師 林 陽辰さん(94歳)
残り少なくなった私達市松人形職人の大先輩である。

林さんは代々人形作りをし、若い頃はあの平田郷陽師の下でも修業を積んだ方である。
そんな林さんにとっては私など息子以下の年齢だが、同じ職業を天職と決めた者にとってはまるで生字引な存在で、様々な思い出を語り継いでくれたり、心強い励ましの言葉を下さる大切な存在である

此処にUPした写真は、林さんが郷陽さんの下から一本立ちの後に考案した三つ折れ人形ボディーだが、江戸時代からのそれとは思考が違い、球体関節の作りをゴムを使って組み上げる。
その為動きの様子が二味・三味と変化が付けられて面白い。

a0118445_0334521.jpg

クタちゃんのパーツに似ているが、正座が出来る三つ折スタイル。



4年ほど前の事「俺の人形作りは肉体的に終演の時が来た・・作ってみる気があるならこれで孫型をこさえて作りな」・・「そしたら私も嬉しいよ」と・・・後継ぎのいない林さんの事、有り難く陽辰さん考案の六号の生地を頂いた。

しかし私も職人。同業者の生地原型を使うのは少々抵抗もあり、ちゅうちょしていたが、何年か後、気にして見ると・・・これも【伝】??・・・市松人形職人界を一絡げに考えれば継承の【伝】ではないかと思い始めた。

弟子の明咲は、元ベテランのフィギア原型師で、型を作るのはお手の物である。
早々、林さんの六号の生地を使い孫型を作り生地を抜いてみた。
無論 頭は私のオリジナルを使うが、3月の銀座個展に展示出来たらと2体作り始めている。

a0118445_0344253.jpg


林さん~。  ・・・【伝】・・しますから 見に来て下さいね。

by meiko-doll | 2011-02-01 00:42